ホワイトデーお返しの意味と彼女とおすすめの過ごし方

ホワイトデー,お返し,意味,彼女,マカロン,フラワーバレンタイン

バレンタインデーのお返しに悩んでいる世の男性は意外に多いのではないでしょうか。

意中の彼女であれば、その気持も慎重に伝えないといけません。

気をつけたいのは、チョコやクッキーのお礼に「お返し」するのが当たり前となっていますが、時代とともに少しずつその意味や暗黙のルールも変わってきているってご存知ですか。

そんな「お返し」の意味を知った上で、本命の彼女であれば尚更、勘違いされないようにお返しの品を選んで、楽しいホワイトデーを彼女と一緒に過ごしましょう。

ホワイトデーのお返しには意味があるって知っていましたか?

バレンタインデーにチョコを贈ったり、ホワイトデーにはお返しをするという慣習は日本だけのものだそうです。

欧米のバレンタインデーでは、女性から男性にだけでなく、男性から女性にも男性からも花やケーキ、カードなどを恋人や親しい人に贈ることがある日となっているそうです。

まあ、お菓子業界の仕掛けた戦略的なイベントと言えば身もフタもないですが、気をつけたいのは「ホワイトデーお返しには意味がある。」ということです。

始まった当初は、バレンタインデーのお返しとして白いお菓子がいいと考えられ、マシュマロをお返しするのが主流だったそうです。

なので三十数年前にはマシュマロデーとも呼ばれていたとか。

日本のホワイトデーが素敵だということで、海外でも広まって来ているようですけど、実は、お返しする品物にも意味があるとか。

定番だったマシュマロをお返しするするときには、特に注意が必要なので、気をつけたいところです。

義理チョコ友チョコのお返しにはクッキーをお返しするのが無難なようですが、定番のマシュマロクッキーキャンデーでお返し際にはに味があるそうです。

マシュマロ ⇒ あなたが嫌いです。

クッキー ⇒ 友達でいてください。

ンディ ⇒ あなたが好きです。

なんだか、女性の心理ってどうなってるのかと思いますが、こんなルールを誰が決めたんですかね。

何も考えずにクッキーを贈ろうものなら、即座に愛想つかされそうです。

まあ、それだけの関係性でしかなかったとも言えますけどね。

最近は、上記の三種に加えて「マカロン」が頭角を表しているとか。

その意味は、ズバリ「特別な人」。

なので、彼女に限らず、ホワイトデーのお返しを奥さんに考えているとすれば、意味のない争いを避けるためにも注意が必要なようです。

他にも注意したいのが、これも業界の仕掛けた罠?、いえ、戦略ですが「下着」や「アクセサリー」をお返しすること。

・サイズが合わない

・デザインや素材が好みではない

・セクハラっぽく感じてしまう

・高価すぎて気が引ける

・安すぎたり、好きなブランドじゃない、などなど、愛情を伝えるつもりがドン引きされかねませんからね。

もう一つ気をつけたいのは、料理上手な男子も増えてきていますが、「手作りスイーツ」です。

手作りのチョコやクッキーをもらったから、手作りで返したい!というのも気持ちとしては「あり」かと思います。

しかし、女子力が高いレベルならともかく、時間や手間がかかる割には、これも見た目や味付けなど、好みが合わないと返って引かれてしまいます。

その点、女性は楽ですよね。

男性に贈るのは何でもありな訳ですから。

そういう意味では、お返しするものよりも、彼女と過ごす時間やシチュエーションを大事にした方が良さそうです。

ホワイトデーの彼女とおすすめの過ごし方は?

年に一度、「恋人たちの愛の誓いの日」として発展してきたバレンタインデーですが、若い男女が気持ちのやり取りをする大切なイベントです。

意中の両思いの彼女からバレンタインデーにメッセージを受け取ったとしたら、そのお返しにも頭を悩ませるでしょうし、ましてや、デートを兼ねているとすればホワイトデーのお返しやお誘いは慎重にならざるを得ませんよね。

いわゆる、本命の彼女であれば、感謝の気持ちを込めたお返しとともに、しっかりと気持ちを伝えないと行けません。

お返しするものにも意味があることはお伝えした通りですが、サプライズは必要ないにしても、彼女との距離を近づけるためにも、一緒に過ごす時間やシチュエーションを大事にしたいものです。

もちろん、食事に誘うのも良いですが、まずは、さりげない状況から女性が喜ぶ場所や時間の過ごし方を考えたいものです。

定番と言えば、映画デートなんかしょうか。

彼女の好みも考慮しないといけませんが、話題になっている最新作を選ぶのが無難でしょうね。

二人で感動の時間を過ごした後は、自然な流れで食事にも誘いやすくなります。

時期的にはまだまだ寒い季節ですから、やはり屋外のイベントよりも屋内のイベントや施設が良いですね。

私の場合は、「水族館」や「美術館」などもおすすめのスポットですが、こればかりはある程度、彼女の好みを知っているか、思い切ってその場で聞くしかありませんからね。

「お返し」も含めて、気持ちがこもっていれば「何でも良いや」という男性も多いかと思いますが、意外と女性は「もらったもの」や「一緒に行った映画や場所」は時間が経ってもしっかり覚えています。

それだけ、女性はホワイトデーや初デートを真剣に捉えているようです。

男性もしっかりと準備をしておきたいものです。

ホワイトデーの意味とお返しの相場を改めて考えてみる?

以前は、ホワイトデーにはマシュマロやキャンディーをお返しするのが定番だったようですが、今はちょっと様変わりして「お返し」するものにも意味があるというのは紹介したとおりです。

本命の彼女へのお返しは「キャンディー」や「マカロン」になりますが、彼女の好みをよく知っていて、彼女が別の物を望むのならそれ以外をあげてもいいですね。

より、お互いの気持を確かめあえる絶好の機会にもなります。

では、気になるお返しの相場ですが、どのくらいでしょうか。

もし、あなたがすでに社会人という方であれば、たとえ義理チョコだったとしても、そのお返し相場は、1,000円前後が平均的なようです。

では、本命の場合は?

学生であれば500円~1,000円と可愛い金額で済むようですが、これが社会人の本命が相手となると、3,000円~5,000円が相場とも言われます。

かと言って、下着やアクセサリーをお返しするのは「リスクが大きい」というのは前述したとおりです。

女性はあまりに高価なものやブランド品をホワイトデーにお返しされても、返って気が引けて慎重になってしまうようです。

また、もしあなたが意中の彼女の気持ちをいち早く確かめたい!という場合は、「フラワーバレンタイン」をするのも良いかもしれません。

フラワーバレンタインは、ヨーロッパのバレンタインデーに習って男性から女性に花をプレゼントするというものです。

これも業界の戦略と言えばそれまでですが、「男女がお互いに愛や感謝の気持ちを伝え合う日」という本来の意味を考えれば、良いことですよね。

だったらいつでもイイジャン!?という声も聞こえそうですけど、男性と違って女性はそういうシチュエーションを大事にするようですからね。

プレゼントの効果もアップするというものです。

定番はバラの花ですが、その花言葉は

あなたを愛します」や

情熱」などを指します。

歌にあるような「百万本のバラ」じゃないですけど、その本数によっても意味も変わってくるとか。

1本なら「 一目惚れ」

99本なら「永遠の愛」を表すとか。

花の種類についてはあまりむづかしい事を考えないで、花屋さんに金額や目的を伝えて、おまかせでアレンジしてもらうのが良いでしょうね。

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、会社や家の近所の花屋さんをチェックしておきましょう。

まとめ

私の場合は、ついつい凝ってしまて彼女に「サプライズ」したい、という衝動が強く働いてしまいます。

先日、テレビを観ていたら女性上長(上司)の退職祝いに、部下の男性が花束を贈るという場面がありました。

その男性の部下たちは、その女性上司が「電車で持っていても恥ずかしくないように」と、小さめのバラの花束を用意していました。

やはり、車通勤であればあまり気にしなくても良いかもしれませんが、その気配りは素晴らしい!と思いましたね。

そんな細やかさが男性にも必要ではないかと。

きっと、その男性社員は仕事もできるんだろうな、と。

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です