バレンタインデートの誘い方はさり気なく!

バレンタインデート,誘い方

バレンタインデーを知らないとか言う人は、今や幼稚園児でもいないとは思いますが、「愛の誓いの日」として多くの男女がお互いの想いを伝えあう日。

海外では、カップルや家族、友人同士でギフトや花メッセージカードなどを贈り、気持ちを伝え合うのが一般的なようです。

そんなバレンタインデートへの誘い方ですが、チョコを渡すのと同時に想いを伝えて誘うべきか、チョコを渡して数日後に相手の気持ちを確かめてから誘うべきか?

悩むところですよね。

バレンタインデートを断られない誘い方とは?

海外ではバレンタインデーにはギフトや花、メッセージカードなどを贈るのが一般的なようですが、日本では業界の目論見が功を奏してチョコレートを贈るのが一般的になっています。

義理チョコという文化も生まれているわけで、そんな商業ベースのイベントが良いのか悪いのかというのは賛否両論あるしょう。

しかし、すでに両想いで付き合っているカップルにとっては、チョコレートを媒体というか、きっかけにして改めてお互いの気持ちを確認しあうイベントともなっているようです。

最近では職場での同僚や上司にチョコレートを贈るという風潮も下火にはなってきているようですが、想いを寄せている男性にチョコレートをプレゼントすると言うと、量より質?で、値段の高いブランド物のチョコレートを贈る人も多いようです。

その影響か、チョコレート自体にあまりお金をかけず、一緒に渡すメッセージカードやプレゼントに力を入れて贈る人が多くなっているようです。

そんなバレンタインデーですが、想いを寄せている異性に想いを伝えるだけでなく、デートに誘いたい場合は否が応でも気合も入るというものです。

年に一度のイベントということで気合が入るのもわかりますが、あなたはどのように相手をバレンタインデートに誘いますか。

何となく意識していた女性からの告白であれば、すんなりと事は運ぶでしょうが、意外と「いきなり告白」されても、「引いてしまった」という苦い経験をした男性も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

そういう意味では、日常会話の流れでさり気なく食事や映画に誘ったほうが、「好きです!」と、いきなり告白するよりもスムーズにことが運ぶのかもしれませんね

チョコレートをもらって嬉しくない人はいないとは思いますが、やはりバレンタインデートの誘いに限らず、デートにはさり気なく誘うことがポイントのようです。

何度かデートを重ねている内に、距離感が縮まったと思うタイミングになれば、あとは苦労はしませんからね。

NGなバレンタインデートへの誘い方

バレンタインデーに限らず、デートへ誘うタイミングとしては大事なイベントが年に何度かありますが、力が入りすぎて男性が「ドン引き」してしまってはもともこもありません。

草食系男子が多いとか言われる昨今ですが、煮え切らない男子がいるのも事実ですが、男性の場合は女性からデートに誘われて面食らう場合も多いようです。

そこで失敗しないバレンタインデートへの誘い方ですが、気をつけたいポイントが幾つかあります。

それは、

●何回も「2月14日は予定がありますか?」と聞く

やはり、しつこく聞くのはNGですよね。

予定がなくっても、「ある。」と思わず言ってしまいそうです。

●手作りを執拗にアピールする

あまり気合を入れすぎると、これも引かれる理由になってしまいます。

ホワイトデーのお返しにも困ってしまうかも。

●いきなり告白する

何の前フリもなく、思ってもみなかった人からいきなり「好きです!」とか、「お付き合いして下さい!」と告白されても、戸惑ってしまいますよね。

さりげない感じで。思わせぶりな位が丁度いいかもしれません。

●デートへ誘うためにストーカーのように相手を追いかける

これは、間違いなく相手は「危険信号」を発します。

チョコを渡すために職場や家で待ち伏せするのも時を場合によりますよね。

これは男女に限らず言えることかもしれませんが、「壁ドン」も時には有効ですが、それを嫌がる女性が居るのと同じで、自分だったらどのように誘われたいいか、ということを考えて焦らず行動しましょう。

急がば回れ、さり気なく行くのがやはり王道ですかね。

バレンタインデートの過ごし方

そんなバレンタインデーには好きな男性と一緒に過ごす人が多いと思いますが、行先にはどのようなところを選べば良いのでしょうか。

よく、アメリカの映画なんかではバレンタインデーではないですが、「プロム」と呼ばれる高校の卒業パーティーにカップルで参加するために男子学生がパートナーを必死で探したり、女子学生を誘う?口説く?というシーンを見かけますよね。

バックトゥザフューチャー1の「魅惑の深海パーティ」のシーンというか、ストーリーは有名ですが、日本人の目から見るとちょっと滑稽でもあります。

プロムの場合、パートナーを決める時には男子が女子を誘うというパターンが一般的のようですが、プロムまでにパートナーを見つけられなかったり、思い通りの相手と組めなかったりすることも多々あるようで、男性が必死になっている姿はある種、微笑ましくもあります。

日本にはそんな風習がなくて良かったとも思いますが、充実した時間をカップルで過ごしたいと思うのはバレンタインデートも一緒ですよね。

遊園地やテーマパークなどへお出かけするカップルもいれば、2月は寒い時季なので、暖かい室内で映画を見ながら過ごす映画館デートをする人もいると思います。

長年つきあったカップルの場合には、自宅に誘って借りてきたDVDを見ながらゆっくりと過ごすという方もいると思います。

せっかくのバレンタインデーですから、観る映画選びにも気を使いたいものです。

ロマンティックなストーリーの映画を見て気持ちを盛り上げるのか、男性も見やすいオーソドックスな恋愛映画にするのか。

二人で楽しく盛り上がれるコメディタッチで描かれた恋愛映画もありでしょうし、ノンフィクション映画で感動するのも良いでしょう。

観るものによって雰囲気もガラリと変わりますし、自分の好みだけでなく、相手の好みも考えて選びたいものです。

私だったらチョコレートはおまけで、映画の前売券を事前に買って一緒にプレゼントしますかね。

そして映画を見終わった後には軽く食事を。

映画の内容で話も盛り上がるというものです。

まとめ

バレンタインデーなんだから!と変に気合を入れすぎて「ドン引き」されたり、一人で空回りするようなシチュエーションは避けたいですものですね。

小・中学生の時には好きな男性の下駄箱にチョコレートを入れるという手段も良いのかもしれませんが、意外と、その手紙の告白が成就したという話もあまり聞かないような気がします。

不思議ですよね。

やはり好きという想いがどんなに強くても、まずは「さり気なく」、落ち着いて行きたいものです。

付き合ってから時間が長いカップルや、すでに夫婦だという方には、メッセージカードの代わりにトランプラブレターで感謝の気持ちを表すというのもマンネリから脱出して付き合い始めた頃の気持ちに戻れておすすめですよ。

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です