冬支度は人気のインテリアで季節感を演出する!

ギャッペ

季節によってカーテンを取り替えたり、敷物やソファカバーを付け替えたり?
理想的な暮らしですが、実際に行動するのはなかなか難しいものですよね。

それよりも、いつもの家具に小物を足して暖かな空間を目指す手軽な方法を紹介してみたいと思います。

素材と色で季節感を演出する

冬の季節感や暖かさを演出するには赤や黄色といった暖色の小物類を替えるだけで、部屋のイメージがガラリと変わります。

例えば、「ギャッペ」なんかを上手に利用する方法です。

キリム(Kilim)やギャッペ(Gabbeh)はイランの遊牧民族「カシュガイ族」が手織りするユニークなデザインが特徴の絨毯です。

人や動物、幾何学模様等をモチーフした大自然を連想するモダンアートにも通じるような見ているだけで楽しくなるような絨毯です。

サイズは大きいものはなかなか高価で手が出ないので、玄関や部屋の入り口のマットを替えるだけでも部屋の雰囲気が変わります。

100%ウールですから、保温性と吸湿性にも優れています。

サイズも豊富なので、使い方としてはダイニングテーブルの椅子ミニタイプを置くだけで温もりあふれる空間に早変わりします。

心地よい色味はテーブルをはじめ座卓など、どんな家具とも相性がいいのも特徴の一つです。

また、ギヤッベの文様1つ1つに願いが込められており、意味を判って選ぶのも面白いかもしれません。

他にも、リビングには、ブランケットやクッションを足すのがお薦めです。

起毛素材なら見た目にも暖かな印象を与えてくれますし、部屋全体の色を楽しみながらコーディネートするのも楽しいものです。

そんな自分ならではの季節感を演出するのも、暖かさや安らぎを演出するための方法として試してみてはいかがでしょうか。

ギャッペ

冬は体の内外から緩かく

室内で過ごす時間が増えてくる冬を快適に楽しく過ごすポイントは何でしょうか。

インテリアなどの冬らしいアイテムをプラスして季節感を出すのはもちろんですが、いつもの飲み物照明など、身の回りの物を少し替えてみるのもお薦めです。

いつもはコーヒー派という方も、ハープや果物をシロップに漬け込んだ濃縮エキスの「コーディアル」も良いですね。

夏場は炭酸水で飲むのが主流ですが、冬場はぜひお湯や紅茶で割って体の内側から温まってみては

ジンジャーやシナモンなど体を温めるとされる素材を使った味を選べば、さらにいいですね。

テレビを見ながら、ホッと一息つくお供にぴったりです。

他にも照明は柔らかな光が暖かさを感じさせてくれるものを選びたいですね。

好きな香りのミストも楽しめるアロマランプディフューザーや、キャンドルのように光が揺らめいて見えるLEDライトなどは手軽に取り入れられるアイテムとしても人気です。

ソファには暖色系のブランケットと起毛素材のクッションを置いて季節感をコーディネートするのも良いのではないでしょうか。

冬支度に向け、色々と考えたり準備して自分なりの工夫を凝らすのも楽しい作業にな
りそうですね。
Sponsored Link

冬の暖房は洋室にも和室にも合う「こたつ」を上手に使う!

私の場合、クリスマスや冬の一家団欒と言えばやはり「こたつ」が真っ先に頭に浮かびます。

子供の頃の「クリスマス」は、イコール「冬休みの始まり」でしたから、クリスマスケーキをこたつに入って家族で囲んだ記憶が強烈だからでしょうか。

しかも、通知表を家族の前で公表して、歌を一曲歌うと「クリスマスプレゼント」がもらえるという❝おまけつき❞だったのを覚えています。

改めてこたつを考えている方にお薦めなのが「高脚こたつ」や「ダイニングこたつ」と言われているものです。

数年前からよく見掛ける商品ですが、最近は「2人掛け」などのコンパクトなタイプが主流になっているようです。

洋室にも和室にも合いますし、こたつ布団を替えれば雰囲気もがらりと変わります。

我が家はシーズンを過ぎればダイニングテーブルとして使っていますし、天板の木目調の温もりをそのまま楽しむのも良いですが、夏は寒色系、冬は暖色系のテーブルクロスに替えるのも面白いですよ。

しかも、足腰への負担が少なく、高齢者にも使いやすいのが嬉しいです。

また、カーペットやラグも、最近は繊維自体が発熱するなど機能性を備えた商品がたくさんあります。

自宅で洗濯できる」もの。

ペットのいる家庭には、「抗菌防臭機能」など兼ね備えた商品もあります。


あれこれ悩んだら、最寄りのニトリなんかへ出かけて実際に色んなものを見て、触れてイメージを膨らませてみるのも一つの手です。

ちなみに、我が家はこたつの電源は入れたことがなく、ファンヒーターの熱をダクトで取り込んでいます。

こたつ内が暖まるのも早いですし、寒い中帰宅したときには重宝しています。

こたつも一人用のものもありますから、それぞれの家庭環境に合うものを選んで、快適に冬を乗り切りたいですね。

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です