スタッドレスタイヤの交換時期と目安!長持ちさせる方法は?

スタッドレスタイヤ,交換時期,目安,寿命

雪の降る地域はもちろんですが、雪はそんなに降らなくても路面が濡れると凍結するような寒冷地に住んでいればスタッドレスタイヤは必需品です。

ウィンタースポーツをする人にとっても心強い味方ですが、ある意味、命を預けていると言っても過言ではないスタッドレスタイヤ。

その寿命を判断する基準は走行距離?

それとも使用年数?

私の車の冬タイヤも3シーズ目に突入しますので、スタッドレスタイヤの交換時期や寿命と買い替えする目安、また、少しでも長持ちさせる方法などについてまとめてみました。

Sponsored Link

スタッドレスタイヤの寿命は?3年とも言うけど本当?

冬用タイヤのCMがテレビから流れ始めると、我が家のタイヤは今年はまだ大丈夫だっけ?まだ、はけたっけ?とちょっと心配になったりします。

昨年買ったようなスタッドレスタイヤであれば、まだ大丈夫かな?という思いもありますが、購入してから2~3年経過したものはちょっと不安になるのも事実。

巷ではスタッドレスタイヤの寿命は3年とか言われていますが、実際にはどうなんでしょうか。

まだ溝があるから大丈夫、と見た目だけで安易に判断していては痛い目に合いかねません。

それというのも、スタッドレスタイヤには性能を発揮できるかどうかの目安があります。

使用の限界を見極めるには「走行距離」、「使用年数」、「タイヤの状態」、「使用目的」などから総合的に判断することになります。

特にスタッドレスタイヤの寿命を判断する要素として二つの判断基準があります。
ミゾの深さ
スタッドレスタイヤとしての機能が確保できているか
使用年数
ゴムが劣化して性能が落ちていないか
この二つの基準が満たされて初めてスタッドレスタイヤの性能が発揮されます。

スタッドレスタイヤ,交換時期,目安,寿命

スタッドレスタイヤの交換時期はいつ?目安をセルフチェック!

スタッドレスタイヤの寿命を判断する要素として<ミゾの深さ>と<使用年数>があるとお伝えしましたが、それぞれについて詳しくみていきたいと思います。

<スタッドレスタイヤの溝の深さ>

スタッドレスタイヤには冬用のタイヤとして雪道や凍結した道路を走行できる溝の深さが定められています。

その判断基準となるのは、新品で購入した時から見て溝の深さが50%以上あるということです。

乗用車のスタッドレスタイヤの場合、サイズにもよりますが、新品時の溝の深さは大体10mm程です。

これが50%ということですから、5mmくらいまで磨り減ると「プラットホーム」と言われるタイヤの性能を維持できる限界点を表す目印が下記の写真のように現れてきます。

スタッドレスタイヤ,プラットホーム
プラットホーム」は当然のことながらタイヤの接地面にありますが、その位置を簡単に把握できるようにタイヤの側面に矢印が付けられています。

普段はなかなか意識して見ないタイヤですが、このプラットホームが露出して溝が50%以下になると、スタッドレスタイヤとしての性能が十分に発揮できなくなります。

プラットホームを確認するときですが、できれば、タイヤの偏磨耗片減りなどがないかも合わせてチェックしましょう。

部分的には溝が深くても片側だけが異常に減ってしまっていたり、タイヤによって摩耗の度合いが違っていたりしても危険です。

前方のタイヤと後方のタイヤの摩耗具合が違うのは当たり前のことですが、意外と脱着のときに前後を間違えて交換していたりします。

できればシーズンが終わったら前輪用と後輪用がわかるようにガムテープなどを貼って印を付けて置くといいですね。

<使用年数で判断する>

スタッドレスタイヤは氷上でも滑らないようにするため、氷の面にゴムが喰い込むよう非常に柔らかい素材でできています。

新品時は最も柔らかい状態ですが、それが時間の経過とともに次第に固くなっていってしまいます。

タイヤの原料はゴムですので、輪ゴムを思い出してだして頂ければ良いと思いますが、時間が経つと硬くなったり、もろくなってきますよね。

それと一緒で、タイヤの場合には最終的にヒビ割れが入ってしまいます。

つまり、溝の深さも大事ですが、スタッドレスタイヤは製造されてからどの程度時間が経過しているかによっても寿命を判断する目安となります。

ほとんどのメーカーでは、購入後およそ3年(3シーズン)での交換を推奨しています。

これは、冬時期だけスタッドレスタイヤを使用し、あくまでも春から秋のシーズン以外はきちんと保管していた場合です。

直射日光が当たるなど保管状態が悪かったり、シーズンを過ぎても履き続けるという状況であれば当然のことですが寿命は短くなってしまいます。

また、他人から使わないタイヤを譲り受けたり、1シーズンは使用していないような場合でもその年数を含めてカウントします。

タイヤの製造時期ですが、タイヤの側面に刻印されています。

スタッドレス・タイヤ,製造時期
製造時期は4桁の数字で刻印されていますが、

前半2桁が製造された週数
後半2桁が製造された年度

を指します。

スタッドレスタイヤの使用期間のメーカー推奨はおよそ3年ということですから、少なくとも4年目だと注意が必要ですね。

今はセルフのガソリンスタンドがほとんどで整備までしてくれる所は減っていますが、以前は職人さんみたいにタイヤを触ってゴムの硬さを確かめている店員さんもいましたよね。

それだけコムの硬さというか、柔らかさは重要ということですよね。

しかし、タイヤの保管状態によっては経年劣化以上に劣化している場合がありますので、タイヤの寿命を延ばす保管方法などにも触れてみたいと思います。

スタッドレスタイヤを長持ちさせるコツはあるの?保管方法は?

スタッドレスタイヤに限らず、車のタイヤは嫌でも経年劣化をしていくものです。

その目安は3~4年程度ですが、保管状態によっては劣化速度にバラツキがあります。

実際、ゴムがどれくらい硬化したり劣化しているかは、目視ではなかなか判断できません。

そこで、タイヤの硬さを計る方法の一つとして、タイヤの販売店で調べてもらうという方法があります。

販売店にはタイヤの硬さを測る硬度計が置いてある場合がありますので、計測器を利用すればゴムの硬さがどれくらいかが一目瞭然というわけです。

硬度計
タイヤの交換時期についてもアドバイスしてくれますので、少しでも不安があれば一度診てもらうと安心ですね。

向こうはプロですから、タイヤを購入するかどうかはともかく、タイヤの摩耗状態ヒビ割れシワ外傷なども合わせてチェックくれます。

もちろん、販売することが目的ですから、そこは動じないで事実確認が優先ですよ。

スタッドレスタイヤを長持ちさせるコツと保管方法ですが簡単にポイントを箇条書きしてまとめました。

●シーズンごとに前輪・後輪のタイヤをローテーションしましょう。

●冬タイヤに交換する時には「タイヤ外観の傷や異物」、「パンク」、「ヒビ割れ」、「空気圧」の点検を欠かさずしてもらいましょう。

特に空気圧は使用中はもちろんですが、夏の保管時でも自然に減少していきます。
燃費の低下にもつながりますので、ガソリンスタンドやタイヤショップでチェックしチェもらいましょう。

●夏の高温や湿度、強い紫外線はゴムの劣化に影響します。
涼しいところに保管しましょう。
また、タイヤショップやガソリンスタンドでタイヤを脱着してもらったらビニール袋に入れてくれるかと思います。
そうすることで、「直射日光」や「紫外線」、「雨風」、「ゴムの劣化」を防げます。

●タイヤを脱着した際には必ず洗浄しましょう。
特に融雪材(塩カル)はゴムの劣化やホイールが傷んだり錆びの原因になります。
もちろん、挟まった砂利などを取り除いたり、洗った後には乾燥させましょう。

Sponsored Link

まとめ

自動車学校では走行前にタイヤのチェックをしましょう、と習ったかと思いますが、普段は点検を怠りがちです。

車自体がそうですが、私たちはタイヤに命を載せて走っていると言っても過言ではありません。

寒くてもスタッドレスタイヤは日頃から点検するクセをつけて事故を未然に防ぎたいものです。

また、上手にタイヤを履いて長持ちさせたいものです。

蛇足ですが、今は生まれ育った雪国に住んでいますが、足かけ7~8年、東京に転勤で住んでいたことがあります。

会社は都心部にあったんですが、営業職だった私は、関東一円を車で回ることも結構ありました。

そんなある年のこと、都心部でも10cm程の降雪があり、雪国出身の私としては凍結さえしていなければ雪の内に入らない程度の積雪量です。

普通タイヤで普通に走っていると、シャレじゃないですけど、市ヶ谷にある会社に戻る途中、緩やかな坂道をやたらとアクセルを踏み込んでいタイヤを空回りさせたトラックがいるではありませんか。

坂を登るどころか、下にズルズルと滑り落ちてくるのでたまったものではありませんか。

幸いに後ろに車がいなかったので、こちらがバックして退避する羽目に。

自分はゆっくり走れば大丈夫でも、その後2日間は怖くて多摩や埼玉方面へも電車で客先へ出向いたという経験があります。

東京、特に都心部では、スタッドレスタイヤは余程ウィンタースポーツが好きか、業務で必要でない限りは殆どの個人も企業も持っていないですからね。

スタッドレスタイヤはありがたいものです。

<※イメージ画像はブリジストンの公式サイトより引用させて頂きました。>

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です