隠れメタボ解消法!自己流の糖質制限で成人病のリスクアップ?

隠れメタボ,糖質制限,解消法,女性,朝いち,nhk,厚生労働省

NHK朝イチでも取上げられた女性も危ない“隠れメタボ”とは

隠れメタボ,糖質制限,解消法,女性,朝いち,nhk,厚生労働省

メタボは誰もが知っている概念ですけど、メタボじゃないのに高血圧、高血糖、脂質異常のうち二つ以上の異常がある「隠れメタボ」が急増してるとNHKの朝イチで特集していましたね。

多分、いえ、私も間違いなく「隠れメタボ」だと改めて確信して軽いショックを受けています。

2016年の春に厚生労働省研究班(下方浩史/名古屋学芸大教授)がまとめた「隠れメタボリックシンドローム」の患者は実に全国で914万人に上るとする推計データが発表されて話題を呼びました。

データによると、男女比で言うと男性の10.9%女性の13.6%体格指数(BMI)25未満で腹囲もメタボの基準未満なのに、高血圧、高血糖、脂質異常のうち二つ以上に異常を持つことがわかったそうです。

確かにデータを見る限り、女性の方が隠れメタボの割合が高いことが伺えますよね。

つまり、一見すると美魔女と言われるような細身に見える女性にも隠れメタボの人が居るということですよね。

単純に計算すると8人に1人が該当するわけですけど、怖いのは、これを放置しておくと心臓疾患や脳卒中など命に関わる病気を発症するリスクが高まることだといいます。

筋肉量が少ない女性は代謝が悪くなりやすく、加えて閉経後の女性はコレステロールを下げる女性ホルモンの働きが衰えるため、血中の中性脂肪が増加しやすく、注意が必要とのこと。

これは、中高年に限ったことではなく、若い女性でも無理な糖質制限ダイエットや偏食によって隠れメタボになるリスクがあるそうですよ。

隠れメタボ,糖質制限,解消法,女性,朝いち,nhk,厚生労働省

無理な糖質制限ダイエットで筋肉減少し、中性脂肪増加する危険が!

「運動を伴わない極端な糖質制限ダイエットは、筋肉の減少によって基礎代謝が低下し、使われなくなった糖質が中性脂肪として体内に増加していきます。中年になってから重い心臓病や脳卒中で苦しむことになる危険が大きいですね」(下方所長)

下方所長はこのように極端な糖質制限ダイエット隠れメタボに繋がると警鐘を鳴らしています。

運動が伴わない糖質制限ダイエット



筋肉の減少



全身の代謝の低下



代謝しない中性脂肪が体内に溜まる

という負のスパイラルにおちいるようです。

誰しも一度や二度はダイエットの経験はあると思いますが、最近は手軽に取り組めることから糖質制限ダイエットに挑戦する人も多いようです。

私もその一人ですけど、言われてみれば因果関係は判りませんが、変に下痢が続いてみたり、汗が出たりした経験があります。

その割には効果が無かったので一ヶ月ほどでやめてしまいましたけどね。

Sponsored Link

隠れメタボを解消するには正しい糖質制限と運動「SJT40」

隠れメタボはわかったけれど、じゃあ、どのように隠れメタボを解消すれば良いのでしょうか。

ポイントは、糖質をなくすのではなく適量をとり、加えてる適度な運動することも大切だということです。

成人が必要な1日の摂取カロリーは決まっているので、糖質はある程度必要なことを忘れてはいけないようです。

太り過ぎの人が糖質制限ダイエットを行うのであれば、糖質だけを減らすのではなく、バランスよく全体的に減らす必要があるということです。

また、運動ですが、NHKの朝イチでは隠れメタボ解消のためにSJT40(SJT=スロージョギングターン)を勧めていました。

(1)「SJ」はスロージョギング。走りながらおしゃべりできるくらいのゆっくしたスピードで走ります。

(2)「T」はターン。6歩進み3歩でターン。これを繰り返します。

ターンを加えると、ターンをしない時より運動効果が高くなります。また家の中などスペースがない場所でもやりやすくなります。

(3)「40」は、1分間を1回として、1日40回行うのが目標です。

SJT40を行う際は、ご自身の体調に合わせて休憩や水分補給を十分にとり、無理のないよう行ってください。

昔から、何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」と言いますが、やはり食事は「腹八分目に病なし」。

そしてバランス感覚が大事なようです。

ちなみに、私の場合はやや小太り体質ですが、若い頃は何度もダイエットに挑戦していましたけど、最近はあまり神経質になることはないと思っています。

半ばあきらめですけどね。

ただ一つだけ気をつけていることは、暴飲暴食をしないこと。

そして、寝る前に間食をしないことです。

外食にもあまり気にしないで出かけます。

これも、極力同じ店に連続して行かないようにしてメニューの偏りにも気をつけています。

毎年2回受ける健康診断の血液データを見る限り、良くもならないですけど、悪くもなっていないようです。

ある意味、ストレスのない食事がいいのでは?

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です