1日1食のやり方。効果的なのは夜だけ、昼だけ?やってる有名人は?

1日1食,やり方,ダイエット,効果,朝だけ,夜だけ

本屋さんへ行くと「1日1食」や「断食」関係の本を目にしますが、実際にやり方効果を簡単に知りたいと思っている方も多いと思います。

週刊誌などには実際に「1日1食」を実践している有名人や芸能人が紹介されることも多いですが、水谷豊タモリビートたけしGackt京本政樹サンプラザ中野千葉真一などが有名ですよね。

医師の南雲吉則さんなども著書を出されて1日1食の実践者として有名ですが、他にもドクター中松やジャパネットたかたの高田明前社長オバマ大統領なんかの名前も出てきます。

殆どが50代、60代以上の方々ですが、皆さん、実年齢よりも若くみえるのは疑いようがありません。

では、ダイエット目的で始める方もいらっしゃるでしょうけど、「1日1食」や「断食」には本当にアンチエイジングなどの効果があるのでしょうか。

少食による健康法を呼びかけている医師の石原結實さんの著書『一日一食』(ビジネス社)によると、摂取カロリーを抑制する(半分にするなど)ことによって動物の寿命が30~70%ほど延びることが各国の実験で確かめられてきたと紹介されています。

そして、1日1食を含む少食や断食は、酸化による脳細胞の損傷を抑え、神経細胞の成長を促し、さらに糖尿病や動脈硬化を予防するうえ、脈拍・血圧も低く保ち、ストレスに強くなるといったメリットがもたらされるといいます。

また、米国の研究ではネズミに放射線を照射した実験で、満腹のネズミは100%の確率でガンになったのに対し、腹5分のネズミではわずか0.7%だったという驚くべき報告もあります。

1日1食のやり方と夜だけと昼だけどちらが効果があるのか?

1日1食,やり方,ダイエット,効果,朝だけ,夜だけ
子供の頃から健康のために「1日3食しっかり食べましょう」とか、「1日30品目を食べましょう」という言葉をよく耳にします。

1日1食の実践者でもある医師の南雲吉則さんは、

「朝目覚めたときは前日のアルコールが残っていたり、胃がもたれたりしていて、胃の粘膜を回復させる必要がある。朝は胃を休めることが大切」

と言っていらっしゃいます。

書店に並ぶ1日1食関係の本には、朝と昼は取らずに夕食だけを摂るという方法を紹介したものがほとんどです。

医師の南雲さんの他にも、「一日一食 40歳を過ぎたら、食べなくていい」の著者で医師の石原結實さんも20年以上1日1食を実践されています。

石原さんによると、

「メタボリックシンドロームや高脂血症などになる人の多くが栄養過剰者。おなかいっぱい食べられるようになったのは最近で、人類の歴史は飢餓の歴史でもあり、空腹の方が体に向いている。」

と著書で触れています。

石原さんの場合も、これから「1日1食」を始める人はまず朝食を抜いて2食にし、だんだんと回数を減らして1食を目指すのが理想だと言われています。

ただ、1日1食を実践する場合に気をつけなければいけないのは、男性は30歳以上、女性は50歳以上のメタボリックシンドロームの人に推奨していること。

また、「育ち盛りの子供や病人、閉経前の女性で血糖値の下がりやすいタイプの人はあくまでも1日3食取ることを推奨していると南雲さんは紹介されています。

何事も過ぎたるは及ばざるが如し、というところでしょうか。

1日1食のやり方と注意点

私自身、40代の頃に2度、全く何も食べない「一週間断食」を実践した経験があります。

GWの間の一週間、お茶や水だけで過ごしました。

最初の二日間ほどは空腹感に加え、頭痛やめまいがして本当に辛い思いをしました。

それが、好転反応とも言われるようですが、頭痛に加えてめまいに近いような感じや倦怠感があったのが、三日目くらいになると無くなってくるのです。

朝、スッキリと目が覚めて不思議と身体が軽くなるんですよね。

しかし、実践して一番驚いたのは1~2Kgしか体重が落ちなかったことですかね。

元々、ダイエット目的ではなくて、体調が優れず、タバコをやめたことを契機に実践したのですが、ダイエットだったらショックですよね。

その後は、1日2食で、朝は野菜ジュースや味噌汁などだけを摂るようにしています。

話がそれましたが、1日1食のやり方やポイントは、先程もあったように、まずは1日2食からはじめること。

そして、どんなものを食べても良いので、栄養価の高いものを食べるように意識することです。

ですから、1食がラーメンやファーストフードなのはNGです。

他にも水分は多めに摂ります。

水分と言っても、空腹時にはカフェインやアルコールは避けることが大事になってきます。

まとめというか、個人的な結論ですが、慣れないうちは「食べられない」というストレスは相当なものです。

そういう意味では、1日1食を実践している有名人はメンタル的にはすごく強い人達とも言えます。

色々試して自分なりのスタイルを見つけていけば良いと思いますが、理想は「腹が減ったら食べる。」でしょうか。

お腹も空いていないのに、時間になったからご飯を食べる、ということを改めてみるだけでも随分と身体が軽くなると思います。

会社勤めなんかしていると、時間になったからと言って争うようにランチに出かけることも多いですが、気をつけたいところです。

最近はベジタリアンやファスティングを実践しているという言葉も良く耳にするようにもなりましたが、試しにやってみるのであれば、個人的には人目を気にしなくても良く、実践しやすい週末プチ断食をお勧めです。

土、日曜日は朝ごはんを抜いてみる、そんなことからはじめてみては。

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です