鈴華ゆう子の年齢を感じないメイク術とすっぴん画像がかわいい

鈴華ゆう子 メイク 美人 画像

和楽器バンドボーカルとして日本武道館での公演やアメリカ西海岸ツアーを成功させた鈴華ゆう子さん。

その歌唱力は折り紙つき。

最近は活動の場を広げ、ソロでTVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」挿入歌「戦火の灯火」も歌っています。

そんな鈴華ゆう子さんの変幻自在とも言えるメイク髪型ですが、全く年齢を感じさせないですね。

30代後半とのことですが、オフィシャルブログで本人が公開しているすっぴんに近い画像は親近感が持てます。

どこからそんな迫力のある声量がだせるの?というくらいに可愛いです。

年齢的には可愛いというと語弊があるかもしれませんが、そのメイク術や衣装もさることながら、ステージに立つ姿とのギャップが余計にファンを魅了しているのかもしれませんね。

和楽器バンドのメンバーも一見、バラバラに見えるくらいにそれぞれが個性も強い面々ですが、そのメイクや衣装も個性的です。

鈴華ゆう子さんの揺るぎないカリスマ性とが相まってメンバー8人の個性が生かされつつも相乗効果を醸しだしていると言えます。

メンバーは鈴華ゆう子さんの他、

箏/いぶくろ聖志(いぶくろ きよし)

尺八/神永大輔(かみなが だいすけ-「華風月」のリーダー)

津軽三味線/蜷川べに(にながわ べに)

和太鼓/黒流(くろな)

Guitar/町屋(まちや)

Bass/亜沙(あさ)

Drums/山葵(わさび)

の8人。

メンバーそれぞれがYouTubeニコニコ動画などにも投稿していますが、いずれも実力派揃いですので聞いていても飽きさせませんよ。

一度検索してみてはいかがでしょうか?

鈴華ゆう子の歌唱力のバックボーンは詩吟!ピアノの実力は?

和楽器バンドではボーカルですが、「華風月」ではピアノも担当する鈴華ゆう子さん。

ボーカルとともにピアノの才能もピカイチ!

それもそのはずです。

東京音楽大学音楽部音楽科器楽(ピアノ)専攻卒業ですからね。

受賞歴もウィキペディアをみると

・」PIARAピアノコンクール全国大会デュオE部門ショパン賞

・コロムビア全国吟詠コンクール青年の部優勝

・財団法人全国吟詠コンクール東日本地区大会青年の部優勝

・IBS吟詠コンクール決勝大会第5位(18才~65才部門)

・財団法人全国吟詠コンクール全国大会少年の部5位

・財団法人全国剣詩舞コンクール東日本大会少年の部優勝

天は二物を与えずといいますけど、3歳の時からピアノを習い、5歳から詩吟を始めたようです。

加えて容姿端麗な美貌、一言で言えば美人ですからね。

彼女の目を観ていると吸い込まれそうな気がするから不思議です。

あの、独特の節回しの有るようなボーカルと豊かな声量のバックボーンは詩吟だったんですね。

素人には到底真似のできない歌い方ですが、それが特徴でもあり、個人的には好きな歌い方です。

世界で成功しているのも、バンドの奇抜な和楽器を取り入れたスタイルや衣装もありますが、鈴華ゆう子さんの歌い方や歌唱力に起因しているところが大きいかと思います。

和楽器バンドがテレ東のリオ五輪中継テーマソングを担当、発売日は?

2016年の夏と言えばブラジルのオデジャネイロにて開催されるリオ五輪ですが、和楽器バンドテレビ東京系のリオ五輪中継テーマソングを担当しますね。

楽曲は現在制作中だということですので、タイトルや発売日も未定ですが、鈴華ゆう子さんは、

「4年に一度というとても大きなイベントなので、責任感を持って挑まなければいけないと強く感じました。オリンピックに出場する選手やそれを応援する人たちに響く和楽器バンドならではのサウンドで魂を揺さぶるような楽曲で応援したいと思っています」

と気合十分で取材に答えています。

何かと物議を醸している東京都知事や東京五輪の話題もありますが、純粋に競技を楽しみたいですし、今から和楽器バンドをはじめとするリオ五輪のテレビ各局の楽曲がどんなものか楽しみですね。

先の長い話ですが、今のいい流れで行くと、和楽器バンドが東京五輪のテーマソングを担当するのは間違いないでしょうし、もしかしたらNHKでの採用もありかもしれませんね。

鈴華ゆう子さんはソロでもいけますし、世界的にもっともっとメジャーになってほしいものです。

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です