Evernoteをスマホで活用すれば備忘録や日記がビジュアルメモに

ビジネスもプライベートのスケジュール管理もパソコンとスマホで共有

ビジネスに限らず、プライベートなスケジュールやタスク管理をしたいと思っている人は多いと思います。

様々なメモやWebサイトの情報をそのまま貼り付けたりするツールとして、私の場合はEvernote」を使っています。

ネット環境があってメールアドレスとパスワードさえ覚えていれば、会社や出先のパソコンでも使うことができますから重宝しています。

もちろん、スマホやタブレットなどでも使えますから、ビジネスにも十分使うことができるスペックが備わっています。

単なる備忘録としてテキストなどのメモだけでなく、音声や写真、Webサイトのページ、各種データファイルも取り込む事ができますから、殆どのデジタル媒体は取り込めると言ってもいいかと思います。

いくつものアプリを使い分けるという必要もなく、一箇所にすべてのデータを預けて置けるという感覚でしょうか。

時系列にメモが表示されますからEvernoteを備忘録として使うだけでなく、日記をつけるということも出来ますし、去年のあの時の???、という場合は検索もできてすぐに必要なメモも取り出せます。

Evernote公式サイト
https://evernote.com/intl/jp/?returning


Evernoteなら一箇所にシステム手帳が何冊もあるように使える

Sponsored Link


 

Evernoteは一つのプラットホームでいくつものノートブックという、言わば複数のノートを作って使い分ける事ができます。
つまり、一箇所に何冊ものシステム手帳があるような感じでしょうか。

ですから、ビジネスとプライベートで使い分けることもできますし、写真帳とデータスペース、メモ帳やアイデアノート、スケジュール管理とジャンルごとに分けて管理することもできます。

Evernote機能を最大限に活かして自分仕様にカスタマイズ

最近は色んなアプリがクラウドで使えるようになりましたが、以外に使いやすいスケジューラーは無いのが現状でした。

もし、使いやすいアプリでスケジュールやタスク管理をスマホとパソコンの両方で共有したいと思っている人にお勧めなのが「Evernote」というアプリです。

ずい分前から出まわってはいましたが、段々と進化をとげてきています。
しかも、相当な容量をタダで使えんるんですから、こんなありがたい話はありません。
しかも、自分仕様にカスタマイズして使うことができるんです。

カスタマイズと言っても、何も難しいことではなく、システム手帳で言えば付箋を貼ったり、スケジュール帳とデータ等をリンクさせておくこともできます。

リマインダー機能を使って優先順位の高いタスクを常に表示させておいたり、テキスト内にタグを付けておいて検索しやすいようにもできます。

最近、カレンダー機能もアドインして使えるようにサービスが提供されていますので、よりスケジュールやタスク管理がしやすくなりました。
カレンダーの種類も5種類から選べますので、自分にあったものを活用できます。

必要に応じて活用可能なテンプレート
一年全体を一目で見ることができる年間カレンダーから、一日一日を計画して管理することができるデイリープランナーまで。月間、週間も含めて、様々なテンプレートをご用意しました。必要に応じてご活用してください。

カレンダーは必要な項目を記入するだけでなく、関連するノートへのリンクを貼っておくとさらに便利に活用できます。

月間・週間・デイリーのテンプレートには、2 つの色があります。 グリーンとグレー、お好みの色をお使いください。

2016年 Evernoteカレンダー ダウンロードは下記よりどうぞ

2016 年 Evernote カレンダーを公開

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です